目元にできるくまの原因と治療法について知っておこう【The Shaping】

くまと色素沈着の関係

目の下にできるくまは実は睡眠不足だけが原因ではないことを知っていましたか?次にくまの原因となる色素沈着の発生理由について注目してみました。

色素沈着の原因と理由について

摩擦による刺激

摩擦による肌ストレスとは、例えば花粉症などによるかゆみで強く目をこすってしまったり、アトピー性皮膚炎などで肌をかきむしってしまうなどの摩擦によるものです。また、他にもクレンジングの際の肌への刺激により色素沈着を促してしまうことがあります。

紫外線による肌へのダメージ

紫外線を受けることにより、肌はメラニン色素を作ります。それによりメラニン色素が多くなり、代謝が落ちて排出ができなくなると色素が沈着してしまいます。さらに肌の老化の原因の65%近くが紫外線による肌へのダメージだというデータも分かっています。

メイクによる影響

メイクの落とし忘れなどでもメラニン色素沈着の原因となります。メイクが肌に残ってしまうと成分が酸化して活性酵素を作ってしまいます。これがメラニン色素を過剰に発生させてしまう原因になります。

乾燥による肌ストレス

肌が乾燥すると血行不良を招いてしまい、色素沈着が起こりやすくなります。さらに紫外線のダメージも受けやすくなるなど刺激や肌ストレスに弱くなってしまいます。

脂肪が原因の場合

女性の目元

目の下のくまが消えないという場合、眼窩脂肪という眼球の周りにある脂肪が下がり、目元の皮膚が膨らんでしまっているケースも少なくありません。脂肪で目の下に膨らみができると皮膚のデコボコによって影ができ、それが黒っぽいクマのように見えてしまうのです。脂肪が原因となるくまなので目元をマッサージしたり、温めたりするといったケアでは消すことができないと言われています。このようなタイプの目の下のクマを美容整形で改善したいという場合、脱脂術やハムラ法・裏ハムラ法という治療法がおすすめです。脱脂術はたるんだ眼窩脂肪を除去する治療、ハムラ法と裏ハムラ法は脂肪を移動させ目元をフラットな状態にすることで、たるみを改善するという治療です。

皮膚のたるみが原因の場合

脂肪ではなく目の下の皮膚がたるんでしまったことで、黒っぽいくまができているタイプはヒアルロン酸注射や、レーザーなど照射系の治療がおすすめです。ヒアルロン酸注射はたるんで凹みがある部分に弾力性のあるヒアルロン酸を注入し、たるみを解消することでクマを目立たなくする治療です。レーザーなど照射系の治療は肌のコラーゲンの生成量を増やし、自分の肌自体のハリ感・弾力性をアップすることで、目の下のくまを解消します。半永久的にたるみを解消し目の下のくまを目立たなくしたいという場合は、フェイスリフトなどメスを使う美容整形が非常に有効です。

広告募集中