脂肪を注入して効果的なバストアップが可能【The Shaping】

見た目も感触も自然です

豊胸にも様々な方法があり、代表的な治療としてはシリコンバッグの挿入、脂肪注入法、ヒアルロン酸豊胸があります。良い結果を得るためにはまずは自分に合う治療を選ぶことが大事です。シリコンバッグは大幅なバストアップが期待できますが、体への負担は少なくありません。さらに体に異物を入れることに抵抗がある、感触で気づかれるのではないかと心配する人も少なくありません。ヒアルロン酸注入は手軽ですが、こちらは効果の持続期間は短く、繰り返し施術を行う必要もあります。脂肪注入方法は特に人気の高い方法ですが、その人気の理由には自分の脂肪を使うので安全性が高いこと、感触や見た目も自然に仕上がるということがあげられます。この他の人気の理由としては乳がん検診に影響がないということがあげられます。シリコンバッグを挿入している場合はバッグが破損するなどの理由でマンモグラフィ検査ができない場合もありますが、自らの脂肪なのでその心配もありません。

バストアップと同時に痩身

脂肪注入の良いところは、自然なバストアップができるだけではありません。まず、注入する脂肪はお腹やヒップ、太ももなどの気になる部分から採取します。それゆえ、バストアップしながら気になる部分を痩身できるのでメリハリのあるスタイルが作れるのもメリットです。豊胸するとバストに傷が残らないかも気になるところですが、注射器による注入ですので、大きな傷が残る心配はありません。拒絶反応やアレルギーの心配がないのもこの治療の良いところです。脂肪注入方法は多くの美容外科で提供されていますが、クリニックごとに導入している技術力には違いがあります。最近ではより脂肪の定着率が良い治療や、石灰化やしこりができにくい治療が提供されています。各クリニックの治療内容はしっかりと比較し、できるだけ最新の治療に対応している医療機関を選びましょう。

広告募集中